ウォーキングデッド 海外ドラマ

【ウォーキングデッド】シーズン1『1話・目覚めの朝』リックと親子の運命は!?【ネタバレ・感想】

2010年からアメリカで放送され世界中で大ヒットしているドラマ『ウォーキングデッド』!

数多くあるゾンビ作品の中でも圧倒的なリアル感とスリリングな展開、個性あふれる登場キャラクターが魅力でシーズンを重ねるごとに最高視聴率を更新するほどの勢いです。

今回はそんな『ウォーキングデッド』の面白さをネタバレと感想を交えながら1話ごとに伝えていきたいと思います!

 

シーズン1『1話・目覚めの朝』

 

 

スポンサーリンク

1話のあらすじ

 

主人公の『リック・グライムズ』は保安官として働いていた。

ある日暴走する車を捕まえるために同僚と現場に向かうのだが、車から降りてきた2組の犯人との銃撃戦中に脇腹を撃たれてしまう・・・

そして怪我の為、長い間病院で寝たきりの状態になっていたが回復し、目覚めてみると病院内は朽ち果てた状態になっている!

かろうじて自宅に到着するも家族の姿はなく、落ち込んでいるところを後ろから何者かに襲われる・・・

リックを襲った正体は黒人の父子『モーガン』と息子の『デュエイン』という親子だった。

彼らはリックの事を生ける屍『ウォーカー』ではないと判断すると、ウォーカーの事や自分が眠っている間に起きた事を教えてもらうのだった。

リックとモーガン親子は警察署に向かい、銃や車などの装備品を整えるとリックは家族を探すために都市部の『アトランタ』に向かう事を決意する!

モーガン親子はリックから無線機を受け取り連絡を取り合う事を約束し別れる事になる。

リックは車でアトランタへ向かうのだが、途中で車のガソリンが尽きてしまい、近くの農家にいた馬に乗って都市部へ。

しかし、都市は大量のウォーカーたちの巣窟になっていてあっという間にリックは囲まれてしまい絶体絶命に・・・

戦車に乗り込みなんとか助かるが、周囲には大量のウォーカーが・・・

そんな時、戦車に搭載された無線機からはリックを呼ぶ謎の声が!

リックの運命はいかに・・・

 

シーズン1・1話の個人的感想

 

 

今まで数多くのゾンビ系作品を見てきましたがウォーキングデッドを見てまず驚いたのが、『徹底的に造りこまれたリアル感』という部分!

このリアル感が物語の中にグッと引きこんでいく要素でしょうか・・・

まだ1話目だと謎が多いので、何とも言えませんが多くの人が言う『1~3話を見たらハマってしまう』という話も分かる気がします!

ゾンビ作品だけに結構シリアスな場面が続くんですが、ところどころに面白要素やツッコミ要素もあるのでクスっとしてしまうような部分もあります。笑

 

個人的には、序盤にリックが暴走車の犯人と銃撃戦中に調子に乗って撃たれてしまうシーンとか・・・

 

 

車のガソリンが切れて馬に乗り換えるシーンとか・・・

 

 

とにかく会話もテンポが良くて飽きずに見られそうです!

自分がこの状況になったらどうしよう・・・と考えながら見ると感情移入してより楽しめる作品ですので、是非感情移入してください!笑

まだまだ、1話だけだと物語の全容は謎が多いので、2話を見てみたいと思います!

 

-ウォーキングデッド, 海外ドラマ
-,