邦画作品

【邦画】金子ノブアキ主演『シャッフル』は意外なラスト!?【ネタバレ・感想】

ロックバンド『RIZE』のドラムや俳優として数々の映画に出演する『金子ノブアキ』さんが主演の映画『シャッフル』!

銀行強盗をした5人組の中の偽物を探す!というミステリー・サスペンス作品で『笑ってると、ダマされるぜ。』というキャッチコピーで2011年に上映された映画作品です。

元々は舞台で行われた作品を映画化した作品ですので、背景セットの変更も少なく登場人物の会話を大切にし、舞台のイメージを大切にした作品になっています。

 

 

『シャッフル』ってどんなストーリー!?

 

記憶喪失のフリーター、戸辺コウヘイは謎のモニター依頼の案内状が届くことからストーリーは始まります!

同じように案内状が届いて集まったメンバー『轟』、『堺』、『物部』の3人とモニター担当『神宮寺』に出会い出題される課題をこなす事になるのだが、実は彼らは銀行強盗団の一味でアクシデントにより記憶喪失になった戸辺の記憶を取り戻し所在不明の金を取り戻す計画だった。

しかしそのプロジェクトに謎の人物Mr.ヤマシタが介入する。

果たして記憶は戻るのか!?行方不明の金の場所は分かるのか!?

 

スポンサーリンク

結末はどうなるの!?【ネタバレ】邦画

 

戸辺が記憶喪失で三億円の隠し場所を思い出させるために、轟が書いた台本を元に記憶を蘇らせる為に4人でお芝居をする。

そのお芝居の最中に、台本にはない黒幕的な人間が現れ、みんなに指示を出す。

しかし、その黒幕的な人間は、轟が仕組んだもので、戸辺に騙され自殺した恋人かおりの復讐の為に仕組んだことだった。

ところが、戸辺は記憶喪失なんかじゃなくって、轟を疑っていて、轟以外の4人で真相を探る為に轟を騙す芝居をしていた。

みんなを騙していた轟は射殺され、4人で金を分け合ったのだが、戸辺は裏切り者でみんなを毒殺。

実は自殺してなかったかおりと逃げる事に・・・

しかし、かおりが裏切って戸辺を射殺!

実は刑事と組んでたかおりは、刑事とそのまま逃走・・・

だが、3億円のかばんの中に入ってた爆弾が爆破して2人とも爆死。

結局登場人物が全員いなくなるというラストの展開に!

 

評価・感想

 

良くも悪くも『ラストシーンに衝撃のラストを持ってきたい!』という演出がガンガン見えてきます!笑

個人的には序盤の『裏切者の謎』というテーマの部分が中盤には少しダレてしまっている為見ていて飽きが来てしまいました・・・

最後は確かに意外な結末でしたが、全員死亡という無理やり感が満載な結末です・・・

しかし、俳優陣が豪華なメンバーでしたので演技の部分では非常に楽しませてもらいました!

ユースケ・サンタマリアさんの『キサラギ』が好きな方には楽しめる作品かも!

 

-邦画作品
-,