ONE PIECE

【ワンピース】シャンクスの左腕はなぜ失ったか!実はわざと!?悪魔の実の能力者?【考察】

ワンピースの中でも非常に人気の高いキャラの一人でもある『赤髪のシャンクス』!

赤髪海賊団のキャプテンでもあり、四皇の1人でもある人物ですが第1話から登場する数少ないキャラクターの一人です。

シャンクスにはまだまだ数多くの謎が残されておりますが、今回は『左腕の謎』について考えてみたいと思います!

 

赤髪のシャンクスの多くの謎!

 

 

シャンクスにまつわる謎の中でも有名なのは『左腕の謎』という話があります!

シャンクスはルフィの少年時代に失って以来片腕になっていますが、失った理由が『実力のあるシャンクスがどうしてなのか!?』という内容なのです・・・

では、考察を詳しく書いていきたい思います!

 

スポンサーリンク

シャンクスが右腕を失った理由は!?

 

 

右腕を失った大きな理由は第1話の内容では以下のストーリーです。

 

悪魔の実を食べたルフィが山賊棟梁のヒグマに海に放り投げられた際に、ルフィは悪魔の実を食べた代償でもある『カナヅチ』により水中で動けず近海の主に食べられそうになったところをシャンクスがルフィを助けた。

しかし、シャンクスの左腕はルフィを助けた代償に近海の主に食いちぎられてしまっていた・・・

 

このような内容でしたが、このストーリーでいくつかの謎が生まれます!

 

シャンクスほどの男がなぜ・・・

 

シャンクスは村に停泊していた当時からかなりの実力のある海賊団のキャプテンでした。

本気になれば海王類くらいは軽く倒せるレベルの戦闘能力を持っていたはずなのに、左腕を犠牲にしてしまったのでしょうか・・・

ネット上ではこの点に関してこのような考察がささやかれています!

  • 実はシャンクスは悪魔の実の能力者説
  • ルフィに海賊になる事の厳しさを教えた説
  • 近海の主以外の何かがいた説

ではこの説を順に見ていきましょう!

 

実はシャンクスは悪魔の実の能力者説

 

 

悪魔の実の能力者は能力と引き換えにカナヅチ(海で動けなくなる)という設定があります。

そのためルフィを助けた時も海に体が浸かっていたため近海の主に対して攻撃が出来なかった・・・

という内容の説ですが、この説が一番有力な説のようです!

物語が進んでいくにつれてシャンクスは度々登場しますが、シャンクスの戦いに関しては非常に謎の部分が多くちゃんとした戦闘に関してはまだ登場していません!

シャンクスは悪魔の能力者が数多くいる海賊団や海軍なども恐れる4皇のポジションですので能力なしではこの地位になる事は難しいはずです・・・

どんな能力かは気になるところですが、左腕を失った理由としては説明は確かに可能な説です!

 

ルフィに海賊になる事の厳しさを教えた説

 

少年時代のルフィは「海賊になる」とシャンクス達に対して発言をしていました。

シャンクスは冗談半分に「やめとけ」と止めているシーンがありましたが、過酷な戦いや海の航海の厳しさを知っていたからの発言と副船長は話しています。

そして、近海の主によって左腕を失ったシャンクスの姿の後にはルフィの心の描写が以下のように書かれています。

 

「シャンクスが航海に連れていってくれない理由 海の過酷さ 己の非力さ なによりシャンクスという男の偉大さをルフィは知った こんな男にいつかなりたいと心から思った」

 

シャンクスはわざと左腕を犠牲にしてまでルフィに厳しさを教えたのかもしれませんね!

 

その後の登場でシャンクス自身が左腕について話しているシーンがあります。

白ひげとの会合で「どんな敵にくれてやったんだその左腕」との白ひげの質問にシャンクスは、「新しい時代に懸けて来た・・・」と発言しており、自分では海賊王にはなれない事を自覚し、ルフィに託したのかもしれません・・・

 

近海の主以外の何かがいた説

 

最後の説は一番信憑性が低いですが、『近海の主以外に何かがいた!?』という内容の物です。

シャンクスは当時から多くの海軍や海賊から目を付けられている人物だったようで、命を狙う存在もたくさんいたはずです・・・

近海の主以外に別の能力者がいたのなら失ってしまう可能性は確かにありますね。

数々の伏線があるワンピースですので、もしかしたらあるかもしれない説です・・・

 

まとめ

 

代表的な3つの説について書いていきましたが、一番有力な説はやはり『海の過酷さ教えるためにわざと失った!』という説が一番なのでは?と個人的には考えています。

決めてはやはりルフィの心の描写が描かれているという点とシャンクス自身の発言です!

この左腕に関してはいろいろな考察がありますが、皆さんはどんな考察をお持ちでしょうか・・・

-ONE PIECE
-