GANTZ

【GANTZ(ガンツ)】桜井の超能力の師匠『坂田研三』の謎について考察!!

GANTZの中で『超能力』という全く別次元の力を使いこなす師匠こと『坂田研三(さかたけんぞう)』!

死に際のカッコよさと独特の雰囲気からGANTZの中で人気のキャラクターの一人です。

しかし、坂田師匠には様々な謎が残っている事からガンツのファンにとっては謎多き存在です・・・

今回は坂田研三について考察をしていきましょう!

 

桜井の超能力の師匠『坂田研三』とは!?

 

 

まずは坂田研三の設定についておさらいをしていきましょう!

坂田研三が登場する場面は「かっぺ星人編」「ゆびわ星人編」「小島多恵編」「オニ星人編」「ぬらりひょん編」に登場します。

作品の中では『桜井弘斗』と超能力の師弟関係にあり、超能力を伝授した師匠です。

その為、桜井からは『師匠』と呼ばれていますが、芸人の『アホの坂田』を連想させるため師匠と呼ばれるのを嫌がっているシーンもあります。

そういったシーンも描かれている為、原作者の奥先生は坂田研三の名前の由来を、お笑い芸人の坂田利夫からといっています。

 

スポンサーリンク

暗い過去の経験から桜井に超能力を教える!

 

 

坂田が桜井に超能力を教えるきっかけになったのは、いじめられていた桜井がインターネット上に書き込んだ自殺予告がきっかけです。

坂田自身も過去にいじめられたの経験を持っていたときに別の人物から超能力を伝授された経験を持っていた事から桜井に自分自身を重ねたようです。

しかし、坂田は自身の超能力で殺人を犯してしまったという過去をもっている。

 

GANTZに参加した理由は!?

 

 

GANTZに参加した理由は和泉が新宿で銃を乱射した際に居合わせて超能力で和泉に対決をするも破れて桜井と共にGANTZに転送されます。

 

坂田と桜井の超能力の力とは!?

 

坂田や桜井の使う超能力は手を触れずに対象物を浮遊・移動させたり、Xガンのように対象物の内部を透視・目標部位を破壊するなどの能力になります。

一見すると最強の能力に思えますが、能力を使用するためには内臓に大きな負担をかける為、超能力を使うシーンでは鼻血を出すシーンが描かれています。

作中では坂田が『内臓に負担がかかり、自分の内臓はもはや老人と同じである』と話しているシーンがあり、内臓にはかなりの負担が予想されます・・・

 

坂田に超能力を教えてもらった人物とは!?

 

坂田が超能力を教えてもらった人物については作中には描かれていない為、謎になっています。

しかし、作中ではセバスチャンが坂田や桜井の使う超能力と似た能力を菊池に披露するシーンが描かれているので、『神星人』から教わったのではないか?と考察している方も多いです。

他のメンバーが超能力を使えない事からGANTZと超能力の無関係だとしたら地球人に紛れ込んでいた星人から教わった可能性が非常に高いです。

今まで登場した星人が同じ余ような超能力を使ってなく神星人のみが使っていた為、神星人から教わったのが一番考えやすいのでは無いでしょうか!?

 

坂田の最後がカッコ良すぎる!!

 

 

「かっぺ星人編」ではスーツなしにもかかわらず、超能力を使って多くの仲間を助けていた事や多くの星人を超能力の力で倒す事で仲間の危機を救ってきましたが、ぬらりひょん編の最後でぬらりひょんに対して超能力を使いすぎてしまい負荷がかかりすぎて死亡してしまいます・・・。

しかし、桜井に対して坂田は「自分が死亡しても生き返らせないでくれ」と桜井に言い残している事から復活をさせる事はありませんでした。

死んだメンバーに対して100点で生き返らせる事が多かった時ではあったので坂田の放ったこの言葉はカッコいいなと思いました。

この言葉の裏には自身が超能力の力で殺めてしまった過去に対しての懺悔の気持ちもあったのかもしれませんね・・・

 

ここまで坂田研三について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

実写映画のGANTZ:Oでは登場しませんでしたので続編がある時は是非、坂田師匠の実写の姿を見てみたいですね!

個人的にはヒルクライムのTOCが一番ハマっているのは気のせいでしょうか・・・

 

-GANTZ
-