ReLIFE

アニメ『ReLIFE(リライフ)』第一話「海崎新太(27)無職」感想・考察・動画

2016年から夏アニメとしてスタートした学園系アニメ『ReLIFE(リライフ)』!

漫画アプリcomicoで夜宵草先生によって2013年10月12日から連載したヒット作品で、高校生から社会人まで人気になったネット漫画です。

今更ながらですが、このリライフが面白い!という話を聞きましたのでアニメを1話から見て感想を書いていく事にしました!

今回は第1話目となりますが、ネタバレを含むのでまだリライフを見ていない方は注意をして読んでくださいね。

 

 

アニメ『ReLIFE』「海崎新太(27)無職」1話感想

 

主人公は「海崎新太」という無職の27歳が主人公です。

同級生との待ち合わせにスーツを着て「今から会社を出る」という嘘をつくシーンから物語は始まります。

 

 

なんだかこのシーンを見ていると無職の期間を経験している人にとっては心苦しいシーンですね・・・笑

 

 

そんな同級生との飲み会の帰り道に「夜明了」と名乗る男に遭遇します。

本人曰く「ReLIFE研究所」という所の職員のようですね!

夜明の目的は海崎に「高校生に戻って1年間生活をしてくれれば次の就職先とその間の生活費用を提供するから薬の被験者になってくれ」とのこと・・・

 

 

酔っぱらっていた海崎は夜明にもらった薬を勢いで飲んでしまう事にしかし、次の日の朝には体が高校生になっていたのである!

 

スポンサーリンク

高校生に戻って高校生活がスタート!

 

体が高校生になった海崎は青葉高校という高校の3年生に編入という形で一年間の高校生活を送る事になります。

 

 

高校生に戻った海崎は状況を理解しようとするが頭が追いついていないのか、混乱している所に夜明が登場して事情を説明します。

その後すべてを理解した海崎は正式にリライフの被験者となる事を承諾して学校に登校!

学校に登校してみるとそこには夜明の姿もあり、同じクラスでしっかり海崎を監視しています。

 

 

海崎以外にも転入生として入ってきた「小野屋杏(おのやあん)」というメガネキャラの女子も登場しました。

この女子は何かありそうな雰囲気が・・・

 

大人が高校生に戻ると起きる課題とは・・・

 

大人になってみると忘れる高校生の常識とかが細かく表されていたシーンがテストの時間に筆記用具を持って行かなかった事やタバコがバッグから出てきた時の「え・・・何で!?」っていう空気がたまりませんね!

自己紹介のシーンでも敬語で面接みたいなしゃべり方になってしまうのもわかる気がします・・・笑

 

1話の感想・レビュー

 

社会人の人にとっては見ていると胸がきつくなるようなシーンがたくさんありますが、忘れていた何かを思い出させてくれるような気がします!

特に高校生になった直後に海崎に対して夜明が言った「1年間高校生になって、今の人生を変えられるチャンスだと思うか、このままニート生活を続けていくか…」というセリフは重みのあるセリフで今の生活に満足していない人には突き刺さるような言葉です。

普通の学園物のアニメかと思ってみてみたらストーリー自体は大人向けに作られた内容だと個人的には思いました。

これから海崎が高校生活を送る中でどのように変化をしていくのか?という点や各々のキャラクターが抱える過去のトラウマなんかも明らかになっていくのが楽しみですね!

 

-ReLIFE
-,