ONE PIECE

【ワンピース】コラソンは実は生きている!?生存説や再登場の可能性を考察!

ドレスローザ編のローの過去で登場したコラソン!

独特のビジュアルやカッコ良すぎる正義感でローの事を守りやられていった為、登場シーンは少ないながらワンピースの中では人気の高いキャラクターの一人です。

コラソンの最後はローを命と引き換えに守るシーンが描かれている為、死んでしまったと誰もが信じましたが、"実は生きている"という説があるのをご存知でしょうか!?

今回はコラソンの生存説について考察をしていきたいと思います。

 

コラソンは本当は生きているのか!?

 

 

コラソンが生きているという説が浮上した理由は過去の物語の中に登場している事からその説を信じている方も多いです。

どのシーンで登場したのかを見てみましょう!

 

スポンサーリンク

バラティエに来ていたことがある!?

 

サンジの働いていた海上レストラン『バラティエ』のコックたちはこのような会話をしているシーンがあります。

 

 

「"真っ赤な目の男"ならこの店に来たことがあるけどな」

「あぁワイン飲み過ぎて目ェ真っ赤にしてたやつな」

「体に引火して爆発したどっかのバカか」

「ありゃ見事だったよ」

 

 

コラソンはローの過去でもタバコの火をコートに引火したり何もない場所でこけたりしているドジな一面もあります。

「"体に引火"」という普通の人ならやらないようなドジの部分を踏まえてもコラソンである可能性は非常に高いです。

そして、「赤い目」というコック達の特徴の話もコラソンの特徴と一緒です。

 

漫画の時は分かりませんでしたが、アニメ版の時のコラソンは瞳の部分が赤くなっており確かに、「赤い目」の特徴になっています。

しかし、時系列については書かれていないのでいつの事かは謎が多く残りますが、この会話が描かれたのは6巻での事ですので、6巻の時点でコラソンの存在を練っていたとするならば今後の物語でも重要なキーマンとして再登場する可能性があります。

 

 

パンクハザード編でチョッパーがもらった手紙!

 

出典: tweet-manga.up.seesaa.net

パンクハザードで何者かがチョッパーに手紙を投げたシーンがありましたが、その人物がコラソンなのではとも噂されています。

筆跡を見る感じはとても似ていますし、誰が投げたかも描かれていませんので、コラソンという可能性も十分に考えられます。

 

今後の物語でもかなり鍵を握っている存在なのでは!?

 

天竜人と海軍と海賊の3つの団体と関わりを持つ存在はワンピースの物語でもコラソンやドフラミンゴの兄弟位ではないでしょうか!?

こういった存在を上手く物語で使ってくる可能性もありますよね・・・。

サボも再登場しましたし、死んでしまったと思っていたキャラクターが実は生きていた!というパターンはいくつかある為、コラソンの登場は今後期待していきたいですね!

 

 

-ONE PIECE
-