邦画作品

邦画『箱入り息子の恋』は夏帆の濡れ場が凄い!ロケ地は!?【結末・感想・評価】

2013年に公開された星野源さんと夏帆さんが主演の日本映画『箱入り息子の恋』。

市役所で務める公務員の35歳の『天野雫健太郎(星野源)』と目が不自由な『今井奈穂子(夏帆)』の不器用でピュアな恋愛を描いた映画です。

ミュージシャンとしても活躍する星野源さんの演技と、目の不自由な障害者の女性という難しい設定の演技を演じる夏帆さんの演技で話題になりました。

 

恋に悩んだら『箱入り息子の恋』を見よう!

 

 

スポンサーリンク

物語のあらすじ

 

貯金だけが趣味、友達はペットのカエルだけ、という冴えない35歳、天雫健太郎(星野源)は市役所職員。自宅と職場を往復するだけの毎日を送っているが、見かねた父(平泉成)と母(森山良子)は、親同士の婚活「代理見合い」に参加し、お見合いの相手を見つけて来る。

その相手とは、会社社長の今井(大杉漣)とその妻、玲子(黒木瞳)のひとり娘で盲目の美しい女性、奈穂子(夏帆)だった。

今井は健太郎を娘にふさわしくないと頑として認めないが、健太郎と奈穂子の距離は近づいていく。35歳にして初めて恋に落ちた健太郎。その恋の行方は果たしてどうなるのか?

 

誰もが共感できるような初恋の気分になる!

 

 

この作品の素晴らしい部分は大人になって忘れがちなピュアな恋愛の気持ちを思い出させてくれるという部分!

20代・30代になると10代に味わった純粋に人を好きになって周りが見えなくなるような甘酸っぱい経験が少なくなります。

しかし、この映画を見終わった後には、「恋愛に年齢や様々な障害は関係ないんだ!」と思えるほど爽快な気分になれます!

 

夏帆の演技がとにかく上手い!

 

夏帆は目が不自由な障害者の女性という演技をしたのですが、非常に演技が上手かったです!

目線の位置であったり、仕草や表情で見事に演じているのは驚きました。

普通の恋愛映画のヒロインですら女性の揺れ動く気持ちを表す演技が難しいのに、それに目が見えないというさらに難しい演技も求められながらも演じきったのは本当に凄い!

一番印象的だった演技は健太郎と初めてのデートで食べた吉野家の牛丼を食べながら涙を流すシーン・・・

牛丼を食べながら涙を流す演技をあれだけ感動的に魅せる事が出来るのは夏帆さんだけでは!?と思います!

 

展開は繰り返しで後半はグダグダ感が・・・

 

主人公の健太郎が、奈穂子と交際するも奈緒子の父親の反対から会う事が次第に難しくなります・・・

健太郎が奈緒子を守って事故に会ってからは連絡も取れなくなってしまうのですが、そのあたりから少しグダグダ感があるように個人的には感じました。

序盤から健太郎が事故に合うまでは、キュンキュン出来るようなシーンがたくさんあったり、会話のテンポやストーリーがしっかりしていたのですが、後半からは健太郎が落ち込んでしまう為、会話も少なく淡々と物語が進んでいく感じが否めません・・・

 

ロケ地はどこなの!?

 

『箱入り息子の恋』のロケ地は埼玉県ふじみ野市と東京都内が中心以下の通りになっています。

  • 市役所のシーン ・・・ ふじみ野市役所
  • 吉野家のシーン ・・・ 外観は小伝馬町店 / 店内は神保町店
  • 公園のシーン  ・・・ 平塚市の真土大塚山公園

 

評価・感想

 

数ある恋愛映画の中でも男性・女性問わずに誰でも見やすい作品だと思います。

クスっと笑える部分もたくさんありますし、コメディ要素が強いように感じるのは星野源さんが演じている部分が大きいのではないでしょうか?

健太郎のキャスティングがイケメン要素が強すぎるとまた違った作品になるように思えます。

35歳恋愛経験なしの男性という主人公には星野源さんが見事にハマっていますね!

恋愛に落ち込んだ時や、恋をしたいけど一歩が踏み出せない・・・という方は一度見てみる事をおススメします!

-邦画作品
-,