ビッグバンセオリー 海外ドラマ

【ビッグバンセオリー】シーズン1・1話の感想・ネタバレ・あらすじ!ヲタクの恋の行方は!?

アメリカのコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』は2007から放送されたドラマです。

科学ヲタクコンビが隣に引っ越してきたブロンドヘアーの美人女性との人間関係を描いた作品で、とにかく面白い作品です!

落ち込んだ時やとにかく笑いたいときに是非見ていただきたいドラマですので、今回はあらすじやネタバレを含む感想を書いていきます。

 

ビッグバンセオリー『シーズン1・1話』

 

 

スポンサーリンク

1話のあらすじ

 

物語始まりはいきなり2人のヲタク『レナード』『シェルドン』が精子バンクに行くところから始まる・・・

受付の女性がクロスワードをやっているのだが、その答えを全て答えを言ってしまうレナード。

なぜなら彼らは二人合わせてIQが360でカリフォルニア工科大学の物理学者という素晴らしい頭脳を持っているのだ。

しかし、会話は常にオタク気質でルックスもイケていないのでモテないのが難点・・・

そんな二人の住むところに突然引っ越してきたのは、ブロンドヘアーの美人女性『ペニー』。

ペニーに恋をしたヲタクのレナードは積極的にアプローチを開始するのですが、レナードだけでなくシェルドンや友達もペニーに惹かれていきます・・・

女性に縁のない4人のヲタクたちの恋愛模様はいかに!?

 

見終わった感想

 

 

会話のテンポも良くて常に笑えるような会話の内容です。

『レナード』『シェルドン』の友達も強烈なキャラクターで登場人物は少ないですが、キャラクターが濃いので十分物語は充実しています。

しっかりとヲタクの奥手な恋愛模様も見れますし、恋に悩んでいる方は勇気をもらえますね!

 

 

まとめ

 

30分のドラマですのであっという間に見終わってしまいます。

スマホやタブレットに入れておいて、仕事の休憩時間や朝の出勤などに見れるので持ち運ぶのにはおススメしたい作品です。

英語の勉強をしている方もこの作品の会話を参考にしている方も多いようですので、字幕で見ながらネイティブな会話も学べるかも!

とにかく、アメリカ特有の楽しさや明るさが詰まった作品ですので、騙されたと思って1話を見ていただきたいです。

-ビッグバンセオリー, 海外ドラマ
-,